UBIQS LOCATION EDITOR

ちょっとためになる話

2022 . 6 . 30

Youtube撮影スタジオをはじめたい!集客のノウハウや空きスペースを活用した負担のないスタジオ経営法を解説します

空き家や空きスペースを活用してYouTube撮影スタジオを始めたいけれど、やり方がわからず積極的に行動できない、という方はいませんか?
ニーズに合うスタジオを運営するノウハウを知らないと、利益を生み出せないのではという不安もあるのではないでしょうか。

スタジオ経営と聞くと難しく感じるかもしれません。
ですが、空き家や空きスペースの活用法として撮影スタジオは難易度も低く、収益化できる可能性も高いです。

こちらの記事では、これからYoutube撮影スタジオを始めたい人向けに、スタジオ経営のノウハウについて詳しくご紹介します。

Youtube撮影スタジオの需要について

Youtube撮影スタジオの需要

子供が将来なりたい職業の上位にユーチューバーがあげられる時代になり、動画配信の需要は高まる一方です。
動画のテイストに合わせた背景を求め撮影スタジオを利用するユーチューバーも多く、撮影スタジオの需要も高まっています。

個人だけではなく企業で動画配信を行っているケースも少なくありません。
クオリティの高い動画の発信のために企業が撮影スタジオを利用することも多くなっています。
自宅や公園、カラオケボックスなどYoutube動画の撮影場所は色々ありますが、撮影スタジオの需要が高まっている理由としては次の4つがあげられます。

おしゃれな空間でスタイリッシュな動画撮影ができる

自宅で撮影すると、せっかくおしゃれな動画を撮影しようと思っても生活感が出てしまうことがあります。
また、ワンルームマンションだと機材を置くスペースを確保するのも難しく、効率的に撮影できません。
撮影スタジオならコンセプトに合わせたスタイリッシュな空間を選べるうえ、十分なスペースもあります。
理想的な空間で動画を撮影することができるのが、高需要の理由です。

肖像権や許可取りを気にせず撮影できる

公共の場所で動画撮影をすると、通りすがりの人の顔が映り込んでしまうことがあります。
そのまま動画としてYouTubeにあげてしまうと肖像権の問題もあるため、編集の時にモザイク処理しなければならないなど手間がかかってしまいます。
撮影スタジオを利用すると他の人が映り込む心配がなく、のびのびと撮影することができます。

また、場所によっては撮影前に許可を得る必要がありますが、撮影スタジオなら許可取りなしですぐに撮影が始められます。

必要な時間だけ利用できる

撮影スタジオは1時間~2時間などの短い時間でも借りることができるため、必要な時間だけ利用できると需要が高まっています。
撮影頻度によっても異なりますが、自宅をYoutube撮影用に改造するよりも撮影スタジオを借りる方が経済的です。
設備によって料金設定は違ってきますが1時間5,000円~10,000円ほどでレンタルできるところもあり、比較的リーズナブルな料金で快適に撮影することができます。

自宅を特定されない

自宅でYoutube撮影をすると、窓から見える景色や映り込んでしまった物などから自宅を特定される恐れがあります。
Youtube撮影スタジオを利用すれば、何かが映り込んでも自宅が特定されることはありません。
女性のユーチューバーでも安心です。

Youtube撮影スタジオを選ぶポイントは?

Youtube撮影スタジオ選ぶポイント

需要の高い撮影スタジオ経営をするには、動画撮影者や制作会社に選ばれる撮影スタジオを用意することが大切です。
ユーチューバーをはじめとしたクリエイターが撮影スタジオを選ぶポイントとしては、次の4つがあげられます。

機材が利用できる

Youtube撮影のスタジオとして選ばれるポイントとしては、必要な機材が揃っていることがあげられます。
質の高い動画を撮影するためには、カメラのほかに照明器具やマイク、モニターなど様々な機材が必要です。
カメラだけは使い慣れたものを持込み、それ以外はレンタルしたいという需要もあります。
特に照明機材はかさばるため、レンタルすることが可能な撮影スタジオは重宝されます。

▼参考記事
品川のハウススタジオ casa hiroが撮影機材を取り揃えリニューアルオープン!

キッチンが利用できる

料理系のYoutube撮影をするユーチューバーやクリエイターは多く、キッチンが利用できるのも選ばれるポイントです。
食品関連の企業がレシピ動画を撮影する際にも利用されるケースもあります。

生活感のないスタイリッシュなキッチンであるとともに、カウンター部分が孤立して撮影しやすいという理由からアイランドキッチンが好まれます。
オーブンや電子レンジなど料理に必要な家電が揃っているほか、動画映えするキッチン雑貨も必需品です。
撮影スタジオの中には飲食禁止のところもあるので、キッチン利用や飲食OKというのは他のスタジオとの差別化に繋がります。

▼参考記事
【 キッチンスタジオ 】人気キッチン付き撮影スタジオ 3選!

おじゃれな雰囲気の内装

動画撮影では撮影場所の雰囲気で印象も変わるため、インテリアの雰囲気が良く清潔さがあることもクリエイターや動画配信者に選ばれるポイントです。

どのような動画を制作するかによって求める雰囲気が異なりますが、ナチュラル系やモダン系のインテリアは動画のスタイルを選ばず好まれる傾向があります。
映像映えする背景にするため、壁紙を工夫してみてもよいでしょう。

▼参考記事
渋谷にあるシンプル・ナチュラルテイストのハウススタジオ~シロシブヤ~

HP等で間取りや内装の確認ができる

撮影スタジオ内装

Youtube撮影スタジオとして選ばれるには、スタジオの機材が揃っている、インテリアの雰囲気が良いというだけでなく、HP等で間取りや内装の詳細が見えやすいことも重要です。

どれだけ高スペックの撮影スタジオであっても、動画制作者やクリエイター、企画者に向けて上手にアピールできなければ選んでもらえません。
スタジオの内装の画像や間取りの図面、内部ツアーの映像をHPに載せると、実際にスタジオを利用した時を想定して機材のレイアウトや撮影方法を考案しやすくなります。

空き部屋や空きスペースを使ってYoutube用のスタジオ経営は可能?

空きスペース撮影スタジオ経営

Youtubeの撮影スタジオ経営をするために、プロ仕様の設備を備えたスタジオを所有する必要はありません。
空き家や空きスペースがあれば、スタートすることが可能です。

利便性が悪くてもOK

Youtube撮影スタジオは、利便性の良い物件でなくても撮影スタジオとして収益化することができます。
賃貸物件としては通勤や通勤に不便という理由から敬遠されてしまうような場所でも、周辺住人が少ないので少々撮影中にうるさくしても近所から苦情が出にくいなど、メリットとして作用することもあります。

また、ユーチューバーやクリエイターの多くは機材など運ぶため車移動をすることが多く、駅から遠いことは大きなデメリットになりません。

築年数が古くても影響がない

築年数が古いと、賃貸として貸し出すには大掛かりな改修工事が必要となります。
しかし、Youtube撮影スタジオは見た目さえ良ければ問題ないため、築年数が古い空き家でも壁紙を張替えるなど簡単な改修で撮影スタジオとして貸し出せるようになります。
そのため、少ない初期費用でもYoutube撮影スタジオを経営することは可能です。

また、日本ならではの雰囲気を再現できる古民家や、無機質な雰囲気のガレージなども一定数の需要があります。
清潔感さえあれば、築年数が古くてもプラスに作用する可能性も。
駐車場やガレージ、屋上や庭園のみを撮影スタジオとして登録することも可能なため、さまざまな空きスペースをYoutubeの撮影スタジオとして運用することが可能です。

▼参考記事
【 屋上スタジオ 】人気屋上スタジオ 3選!

個人事業の開業届出さえ出せば始められる

Youtube撮影スタジオを経営するにあたり、特別な資格は必要ありません。
空き家や空きスペースを個人で所有しているなら、営業から1ヶ月以内に税務署で個人事業の開業届出を提出するだけでOKです。

個人事業の開業届を提出しないことで法的に処罰されることはありませんが、副業で行う場合でも提出することが義務付けられています。
提出すると、最大65万円まで青色申告特別控除が受けられたり、青色事業専従者給与を必要経費にできたりするなどのメリットもあります。

Youtube撮影スタジオの運営業務

Youtube撮影スタジオ運営業務

空き家や空きスペースを利用したYoutube撮影スタジオの運営業務には、どのような業務があるのでしょう。
実際の業務を詳しくご紹介します。

映える内装や家具を準備する

Youtube撮影スタジオの運営業務としては、撮影映えする内装や家具を準備することです。
綺麗に撮影できることを第一に考え、インテリアを選ぶことが大事です。
暗い色のインテリアよりも、白やベージュなど明るい色を基調とした方が映像映えします。

シンプルなインテリアにして、コンセプトに合わせデコレーションできるよう雑貨や小道具をたくさん用意するという方法もあります。
Youtubeのトレンドを把握して、需要の高いコンセプトの家具を準備するのが賢明です。

集客用のサイトを制作する

集客用のサイト制作も、Youtube撮影スタジオの運営業務として重要です。
撮影スタジオの詳細を画像や映像とともに載せ、予約もできるようにしておくと便利です。
また、サイト上での予約や問い合わせの対応をしたり、定期的に内容をアップデートする必要があります。
無料のツールを使って自分で作成することもできますが、プロに依頼する方が見栄えも良く機能性も備えたサイトに仕上がります。

Webサイトの制作が難しいと感じる場合は、撮影スタジオ専門のポータルサイトに掲載することもおすすめです。
一定数のアクセス数もあるため、自身で制作したサイトよりも利用者の目にとまりやすいことがメリットとなります。

集客

Youtube撮影スタジオを収益化するためには、集客にも力を入れねばなりません。
撮影スタジオのポータルサイトを利用したり、SNSにスタジオの画像や映像を投稿する方法があります。
Youtube撮影スタジオを選ぶ時は口コミを参考にするというユーチューバーやクリエイターも多いため、自分でスタジオの情報を発信するのはもちろん、多くの人から発信されるようなスタジオ作りをすることも大事です。

清掃

撮影スタジオの清掃

Youtube撮影では見た目が重視されるため、スタジオ内を美しく保つことも大事な業務です。
商品紹介や料理などは、特にゴミが多く出るため撮影後はしっかり清掃して、次の利用者が気持ちよく使える状態に整えておきます。
トイレや更衣室などが不潔であると、次回から使われなくなることもあるので注意が必要です。

メンテナンス

スタジオの家具や雑貨、機材などは使用するうちに劣化していくため、定期的なメンテナンスが必要になります。
丸ごと新しく購入し直す必要はありませんが、ソファーのカバーを替えたり、古くなった雑貨を廃棄して新しく買い足したりなどのマイナーチェンジは行わねばなりません。
撮影映えしないスタジオは、需要が低くなってしまいます。

ロケハンの対応

クリエイターやユーチューバーの中には、撮影を行う前に実際にスタジオを見学して決める人もいます。
Youtube撮影スタジオの運営業務には、そのような方々のロケハン対応も含まれます。
どのような機材が揃っており、どのような撮影がOKなのか、スタジオ内を実際に見せながら説明する業務です。

▼参考記事
スタジオのスムーズなロケハン予約・問合せ方法

Youtube撮影スタジオ運用代行のメリット・デメリット

撮影スタジオの運用代行

Youtubeの撮影スタジオ経営をしたいけれどノウハウがなく自分で運用できる自信がない人は、撮影スタジオの運用代行サービスを利用することも可能です。

サービスを利用するうえでメリットとデメリットがあるので、それらを把握したうえで検討してみると良いでしょう。
また、運用代行業者によってサービス内容に違いがあるため、業者選びはしっかり行う必要があります。

撮影スタジオ運用代行を利用するメリット

運用代行サービスを利用するメリットは、Youtube撮影スタジオの運用知識がなくても良いことです。
運用代行業者に任せるだけで、集客から予約の確認、ロケハン対応等の業務を行ってくれます。
サイトの制作も、SEO対策なども踏まえて行ってくれるため、より高い集客が望めるでしょう。

また、ユーチューバーが騒音を出して近所から苦情が出たり、ユーチューバーがスタジオ内を汚したり破損したりなど、トラブルが発生した時の対応もしてくれるので負担なく運営することができます。

▼参考記事
撮影スタジオ運営代行サービスのご紹介

撮影スタジオ運用代行を利用するデメリット

運用代行サービスを利用するデメリットは、自分で運営するよりも初期費用が高くつくことです。
自分で運営するよりも利益は少なくなります。

また業者によっては集客のための施策を練ってくれないところもあるため、丸投げするだけでは思うように利益を生み出せないこともあります。
利益を多く生み出したいなら、業者の選定をしっかり行うほか、自分でも売上を上げるための施策を提案・実行する努力が必要です。

空き家や空きスペースを利用してYoutube撮影スタジオを運営しよう

Youtube撮影スタジオは、初期費用もそれほどかからず空き家や空きスペースを有効活用できる方法です。
賃貸物件のように、利便性の悪さや築年数の古さが需要に影響することもほとんどありません。
撮影スタジオ運用代行サービスを利用すれば、運用のノウハウがなくてもスタジオを運営することができるので空き家や空きスペースの活用方法にお悩みの方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

UBIQS-LOCATIONではスタジオ無料掲載受付がスタートしました!

UBIQS-LOCATIONでは完全成果報酬型のプランの募集がスタートいたしました。
レンタル撮影スタジオの検索サイトであるUBIQS-LOCATIONでは、お問い合わせいただいた利用者様への紹介サービスを無料で行っております。
掲載して間もないスタジオについても他スタジオへの問い合わせがあった際に候補施設としてご紹介が可能です。

さらには、過去にご利用いただいた企業様から、別の撮影の相談をされることが多々ございます。
その際にイメージと合う施設であれば積極的にご紹介させていただいております。
過去にもテレビの大型企画にて「2週間ほどの利用で予算がこの程度でこういう撮影をしたいから紹介してほしい」といった依頼があった際、掲載いただいている施設をご紹介したところそちらにて撮影が決定したこともございます。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

スタジオ無料掲載受付開始のお知らせ【リニューアルキャンペーン】

お問合せ先はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください。

関連ブログはこちら

【サイト機能解説】U-Locationの アイコン の解説!スタジオ設備がこれでわかります

2021 . 9 . 18

ちょっとためになる話

U-Locationには各スタジオに備わっている設備を一目でわかり易く見れる様、主要設備については アイコン で表示をしております。そこで今回のブログでは、それぞれの アイコン の意味をご紹介したいと思います。


撮影スタジオ経営って難しい?空きスペースや空き家を有効活用したスタジオ経営のノウハウや運用代行サービスについて解説します。

2022 . 6 . 30

ちょっとためになる話

空き家や空きスペースを有効活用し利益を得る手段として撮影スタジオを経営する人が増えています。その理由は、動画配信サービスの人気とともに撮影スタジオの需要が高まっているからです。撮影スタジオの経営と聞くと「難しいものだ」と身構えてしまうかもしれません。「撮影スタジオの経営ってどうやるの?」と疑問を持つ人もいるでしょう。実のところ、<strong>撮影スタジオ</strong>の経営はそこまで難しいものではないのです。また、撮影スタジオの運営は自分で行うほか、運用代行を活用する方法もあります。空き家や空きスペースを撮影スタジオとして運営する上でのメリットや必要な手続き、撮影スタジオの開業時にかかる初期費用や固定費、利益を得るためのノウハウや撮影スタジオ経営の代行サービスについて解説していきます。


キッチンスタジオの選び方や利用方法、おすすめの用途や人気のスタジオをご紹介

2022 . 9 . 28

ちょっとためになる話

料理の動画や写真の撮影、調理シーンの撮影やYouTubeの動画配信に利用される<strong>キッチンスタジオ</strong>。選ぶ基準や探し方が分からない人もいるのではないでしょうか。