UBIQS LOCATION EDITOR

ちょっとためになる話

2022 . 6 . 30

空き家・空きスペースの活用には撮影スタジオがおすすめ。空き家の有効活用で負担なく利益を得る方法を解説します

日本では現在、空き家や空きスペースが放置されていることが社会問題となっています。
所有者もどうすればよいのかわからずに困っているという事例も。
もし、現在空き家や空きスペースを活用を検討されているなら、法人向けの撮影スタジオとして有効活用するのはいかがでしょうか。

法人向けの撮影スタジオの経営は、他の活用方法に比べ難易度が低いのが特徴です。
開業するための手続きや運用に関しても難しいことはありません。
はじめてで経営が不安な際には、スタジオ経営の運営代行を依頼することも可能なため負担なく収益を得ることができます。

こちらの記事では空き家あるいは空きスペースを有効活用するための方法や、撮影スタジオとして活用することのメリットを解説します。

空き部屋・空きスペースの活用方法は?

空き部屋・空きスペースの活用方法

空き部屋や空きスペースはそのまま放置すると「リスク」を背負うことになります。
簡単に説明すると、使用しないことで建築物の老朽化が激しくなること、防犯上の不安が付きまとうこと、特定空き地に指定されることなどがリスクの例としてあげられます。

なかでも特定空き地への指定は避けたいリスクです。
固定資産税の負担の増額や、行政によって建物が強制解体されてしまう場合があるからです。
このようなリスクを避けるためにも、空き部屋・空きスペースを所有しているなら、適切に活用することをおすすめします。

有効活用することで、利益を得ることも可能です。
以下では代表的な活用法をご紹介します。

賃貸住宅

空き部屋や空きスペースがそのまま入居できる状態であるなら、賃貸住宅としてそのまま貸すことができます。
賃貸住宅経営は収益性が高いため、空き部屋などの利用方法として広く活用されています。
もし空き部屋が戸建て住宅として貸し出せるのであれば、長期間、安定した収益が期待できるでしょう。

しかし、賃貸住宅は入居者がいなければ収入が発生することはありません。
賃貸住宅としてうまく活用するためには一定の経営スキルを持っている必要もあります。
経営する自信がないのであれば、よい運営会社の選定が必要です。

シェアハウス

シェアハウス

賃貸住宅をより入居しやすくするために、シェアハウスとして空き部屋や空きスペースを活用するのもよいでしょう。
シェアハウスは若者を中心に人気を高めている賃貸物件の一方式です。一つの住居に共同で複数人が生活します。

シェアハウスを始めるなら、空き部屋や空きスペースのリフォームが必須といえます。共有部であるキッチン・洗面所・リビング・トイレ・シャワー室、専有部となる寝室を入居者数分用意しなければならないからです。

シェアハウスを成功させるには、住居に明確なコンセプトを作ることが重要です。
同じ趣味や目的を持った住人を集める仕組みができあがれば、安定的な収益が得られるようになるでしょう。

サテライトオフィス

より安定的・長期的に賃料収入が得たいのであれば、法人向け賃貸物件としての活用がおすすめです。
空き部屋などをサテライトオフィスとして活用してみてはいかがでしょうか。
サテライトオフィスとは、本社とは異なる場所に作られた、企業や団体の拠点のことです。

従業員の働き方に注視して設けられている点で、支社や支店とは異なります。近頃ではIT系を中心にサテライトオフィスを設ける企業が増えています。
なお、サテライトオフィスとして貸し出すときには、高速通信環境など企業経営に必要な設備の準備が必要です。

民泊経営

空き部屋や空きスペースの活用ビジネスとして、人気の民泊経営。
民泊は地方の地域活性化の解決方法としても注目されています。
民泊経営では多くの人と交流する機会が得られるので、人脈や知見を広げるきっかけともなるでしょう。

自分自身が物件に住まずに民泊経営するには、住宅宿泊管理業者への管理委託が義務付けられています。
住宅宿泊管理業者とは、家主不在の民泊物件の運営・管理する業者のことです。
委託義務に反した場合には50万円以下の罰金が課せられる可能性も。
民泊運営では利用者とのトラブルだけでなく、住宅宿泊管理業者とのトラブルも数多く報告されています。業者選定にも注意しましょう。

▼参考記事
ホテル・民泊の運用代行サービス

撮影スタジオ

撮影スタジオ

使っていない空き部屋や空きスペースの利用方法として注目を集めているのが、撮影スタジオとしての活用です。

撮影スタジオとは、その名のとおり、写真撮影や動画撮影などさまざまな撮影に使うためのスペースです。
空き部屋などを撮影スタジオとして貸し出す場合の準備は、それほど手間がかかりません。

空き部屋の雰囲気がよい場合には、そのままの状態を維持するだけで、撮影スタジオとして使える場合もあります。
撮影スタジオの収益の主な部分は、スペースの使用料です。時間制で利用料金が発生します。

▼参考記事
撮影スペース貸ってどういうサービス?

空き家・空きスペースの活用には法人向け撮影スタジオがおすすめ

空き家活用方法 撮影スタジオ

個人から法人まで、撮影への需要が増加しています。
これまでも、商品や製品イメージの撮影、バラエティの再現VTRやPVの撮影等でも撮影スタジオが使われてきました。
近ごろでは、動画配信のためや、SNSをはじめとする投稿用の写真撮影、コスプレを楽しむための撮影にも撮影スタジオが用いられています。

YoutubeやTiktok等の動画配信サービスが主流となる今、空き家・空きスペースの活用法として撮影スタジオは将来性が高いといえます。

撮影スタジオのなかでも、特に法人向けの撮影スタジオは空き家活用におすすめです。
その理由をそれぞれ解説していきましょう。

初期投資のコストが低い

法人向けの設備と聞くと、豪華な設備や高価な機材が必要と思う人もいるかもしれません。
しかし、法人向け撮影スタジオには、それほど高価な設備は必要ありません。
もちろん、きらびやかな雰囲気のスタジオも需要は高いですが、築年数が古い古民家や修復が必要に見える無機質なガレージ等もアーティストのPVやさまざまな企画の動画配信の舞台として一定数の需要があるからです。

大規模な改装が不要な際には、初期投資のコストがそれほどかかりません。
レンタルするために必要なスペースの広さも制限がないため、自宅の一室やオフィスの使われていない会議室、カフェやレストランの一部や、屋上のみ等、空き家だけではなくさまざまな形態の空きスペースを貸し出すことも可能です。

▼参考記事
今需要が高い撮影スタジオの情報

法人向けスタジオは施設が劣化しにくい

一般的にプロは専門施設をきれいに利用します。
専門環境下でのマナーをよく知っているためです。
また、機材の使い方も熟知しているので、撮影スタジオにおかれた機材や設備を壊すこともほとんどありません。

法人向け撮影スタジオに予約をいれる法人は、そのほとんどが撮影のプロ集団です。
そのため、法人向け撮影スタジオなら、機材や施設の傷みや汚れが少なく、管理コストが低くてすみます。

立地条件が悪くても大丈夫

法人向けの撮影スタジオは立地条件の良し悪しをあまり問いません。
法人がスタジオを利用するときは、必要な撮影をまとめて行います。
1つの撮影のために何度も足を運ぶことは、多くありません。

何度も通う必要がないので、撮影スタジオの立地条件にこだわることが少なくなっています。
また、法人は機材を車で運ぶのが一般的です。そのため、多少都心から離れた場所の撮影スタジオであっても、使い勝手が良ければ利用してもらえます。

空き家や空きスペースを活用した撮影スタジオの運用方法

空き家活用方法

法人向け撮影スタジオは
集客・ゲスト対応・メンテナンスの3点をサイクルさせるようにして運用します。
それぞれの運用方法は以下の通りです。

集客

現在では、情報を調べる際にインターネットを使うのが一般的になっています。
法人向け撮影スタジオの集客にもインターネットを利用しない手はありません。
まずウェブサイトを用意しましょう。

ウェブサイトは検索において撮影スタジオの顔となる存在です。
見やすさはもちろんですが、自社の魅力を使えるためのデザインにし、他社との差別化を意識して制作しましょう。
ウェブサイトは制作するだけでは運用していくことが必須です。
撮影スタジオを利用したいと考えるユーザーに届けるためには対策が必要。
対策するかしないかによって、アクセス数や認知度に大きな違いが現れます。
なお、集客にはSNSの利用も欠かせません。
撮影スタジオ名義でアカウントを作り、定期的にどのようなスタジオであるのかを発信していくようにしましょう。

ゲスト対応

撮影スタジオのゲスト対応

ゲスト対応とはお客様を迎え入れる準備全般のことです。
スタジオへの予約から来店時の対応、料金の支払いまで、間違いのない対応ができるように準備しておかなければなりません。
予約管理のための、マニュアルを作成し漏れがないようなチェック体制をつくることが必須となります。

予約の窓口は数多くある方がお客様の利便性が増します。
なるべくならLINE・電話・Eメール・ウェブサイトの4つを用意しておくようにしましょう。

定期的に予約してもらうためには、アフターフォローが欠かせません。
そのため、顧客管理システムの導入もおすすめです。
アフターフォローはお客様の不安や不満をヒアリングするのにも大変効果的。
将来のトラブル対策のためにも、しっかりとアフターフォローをするようにしてください。

メンテナンス

撮影スタジオは運営する上ではメンテナンスも重要になります。
日々の清掃や機材や施設のメンテナンスを怠ると集客に影響が出てしまう可能性も。
例えば、白色の背景を設定しているのであれば、そこにシミの1つでもあると、大変目立ってしまいます。
場合によっては、そのシミ1つが作品に悪影響を及ぼすかもしれません。

メンテナンスのタイミングは、お客様の利用が終了した後と、あらかじめ決定しておいた時期の2つです。
仮に問題がなくとも必ずメンテナンスを施し、撮影スタジオ内の設備を確かめるようにしてください。

空き家や空きスペースを負担なく活用するためには撮影スタジオ運用代行もおすすめ

撮影スタジオ運用代行

空き家・空きスペースを所有しているとしても、法人向け撮影スタジオとして自分で運営するのはむずかしいという人は、少なくないでしょう。
そのような方でも空き家や空きスペースを法人向け撮影スタジオとして運用する方法があります。
それは、空き家などの運用代行業者に依頼することです。

運用代行は依頼者に変わって、発生する作業のすべてを担ってくれるサービスです。
運用代行に任せれば、スタジオ掲載費などの諸費用もさほどかかりません。
アクセス数の多い検索サイトへの掲載だけではなく、顧客の要望に対し運用代行スタジオの紹介を行うこともあるため、集客に頭を悩ませることもありません。
手間なく利益が得られるようになるので、運用代行への依頼はおすすめです。

▼参考記事
撮影スタジオの運営代行サービスのご紹介

空き家や空きスペースで撮影スタジオ運営をしよう!

空き家・空きスペースの活用は今や社会問題となっています。
うまく活用する方法を思いついた際にも経営や運営業務をすべて自分で行う場合は、手間がかかるため、二の足を踏む人も多いでしょう。

そのようなときには運営代行業者がおすすめです。
開業までのサポートをはじめ、運営業務の不明点や集客についてのアドバイスをプロの視点で行ってくれるため、ノウハウがなくても気軽に撮影スタジオの経営を行うことができます。
負担が少なく利益を得ることができるため、本業等で忙しい方にも最適です。


空き家・空きスペースにお困りの方は、撮影スタジオとしての活用を一度検討されてみてはいかがでしょうか。

撮影スタジオの運用代行サービスのご紹介

UBIQS-LOCATIONは撮影スタジオのポータルサイトですが、掲載のみだけではなく運用代行サービスも行っております。
掲載作業から、集客、予約対応だけではなくロケーションご利用後の清掃作業までワンストップで対応する事が可能です。
運用代行サービスの詳細についてはこちらの記事もご覧ください。

【掲載をご検討の方向け】U-Locationのロケーション 運営代行 サービスのご紹介


お問合せ先はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください。

関連ブログはこちら

撮影スタジオ経営って難しい?空きスペースや空き家を有効活用したスタジオ経営のノウハウや運用代行サービスについて解説します。

2022 . 6 . 30

ちょっとためになる話

空き家や空きスペースを有効活用し利益を得る手段として撮影スタジオを経営する人が増えています。その理由は、動画配信サービスの人気とともに撮影スタジオの需要が高まっているからです。撮影スタジオの経営と聞くと「難しいものだ」と身構えてしまうかもしれません。「撮影スタジオの経営ってどうやるの?」と疑問を持つ人もいるでしょう。実のところ、<strong>撮影スタジオ</strong>の経営はそこまで難しいものではないのです。また、撮影スタジオの運営は自分で行うほか、運用代行を活用する方法もあります。空き家や空きスペースを撮影スタジオとして運営する上でのメリットや必要な手続き、撮影スタジオの開業時にかかる初期費用や固定費、利益を得るためのノウハウや撮影スタジオ経営の代行サービスについて解説していきます。


Youtube撮影スタジオをはじめたい!集客のノウハウや空きスペースを活用した負担のないスタジオ経営法を解説します

2022 . 6 . 30

ちょっとためになる話

空き家や空きスペースを活用してYouTube撮影スタジオを始めたいけれど、やり方がわからず積極的に行動できない、という方はいませんか?ニーズに合うスタジオを運営するノウハウを知らないと、利益を生み出せないのではという不安もあるのではないでしょうか。


【新人スタッフ様向け】U-Location内スタジオのスムーズな ロケハン 予約・問合せ方法

2022 . 4 . 6

ちょっとためになる話

 新年度になりましたね!晴れて今年度から社会人になった皆様おめでとうございます!筆者も新入社員と呼ばれてた時期があったなーとしみじみしながらこのブログを書いております(もう7年前の話です。今ではおじさんになりました)。学生から社会人になって、右も左もわからない事ばかりな日々が続くかもしれません。特にこの業界では急な業務が舞い込んできて、期限が短い中なんとかしなければならないといった事もあるかと思います。苦労する事が多くあるかもしれませんが少しでも皆様のお役立ちになれればとこのブログを書いております。 そして初めてU-Locationのサイトを訪れてくれた皆様!初めまして!このサイトは都内を中心に撮影スタジオ・ロケーションの検索が出来るサイトです。各スタジオの詳細おご紹介や、ちょっとした豆知識を共有しようと、日々この様なブログを書いております。 というわけで、今回のブログではそんな新人スタッフ様向けに、イメージに合ったロケ地を見つける際のコツの伝授として、U-Location内のスタジオをスムーズに問い合わせ可能になる、そして ロケハン 予約が出来る方法をご紹介したいと思います! 新人スタッフとしてまず担当する業務としてロケ地のリストアップがあるかと思いますが、監督・プロデューサー様達のイメージに近いロケ地を期限内に見つけ出す秘訣として、是非参考に読んでみてください!